4/15【10日目】→熊野古道馬越峠+松本峠・鬼ヶ城・速玉大社→ホテル白鯨

スポンサーリンク

道路のすぐそばですが、交通量も少なく快適に眠れました。
目覚ましをかけなくても朝5時半頃には起床。


↑屋根大きいし、目の前にベンチもあってすごい快適。


↑オートミール茶漬けと味噌汁。

目の前の道を散歩中の方や、自販機で飲み物を買いに来るドライバーも多く、色々話しかけられる。
もう入れ替わり立ち替わりって感じ。
奈良の吉野の桜を見てこれから関東に向かう方。オススメは十津川郷の吊り橋。
浜松に住んでて、昔はバイク乗ってたけど腰を痛めてから車で温泉巡りしている方。トンビとの戯れ方など。

荷物片付けた後も、そんなこんなでダラダラ話してたら8時半。
道の駅の情報室が開き、せっかくなのですぐそこの馬越峠に行ってみることに。


↑道の駅から歩いて10分もかからない場所に入り口が。


↑初心者向けコースとあったので余裕をぶっこいてたら。

ひたすら坂道!
階段というより、ごろごろとした石畳で坂道。


↑こんなのを撮ってるふりして休憩しつつ、ひたすら坂をのぼる。

予想では1時間くらいで反対側に降りられるだろうと考えていたものの、
45分ほどかかって峠の頂上へ。
しかも全然景色開けてないし、なんなの、なんなのこれ…。
ぜぇぜぇ息整えながら見渡したら、なんと、さらに上があると…?
天狗山頂上まで30分か…このままおめおめと下るよりは、上ってみるか…


↑今度はひたすら階段…階段…階段…。

何度引き換えそうかと思った事か。
ていうか私、登山系はきっとハマらないんだろうなぁとか冷静に考えたり。
なんでこんなつらい思いしなければならないんだろう…。

看板通りのきっちり30分かけて頂上に到着。


↑右奥の岩に立て掛けられたハシゴを上ったら終わりかな。

おおおおお…!!
岩の上は柵もなく、無造作に丸テーブルが固定されているだけ。
天気良くて海もきれいで、風も通るし、気持ち良い!!

ああああこれはご褒美だわ…ていうか
あれだけつらかったからよりご褒美に思えるのかも。


↑カメラの設定おかしくてちょっと暗くなってしまった。


↑あまりの感動に無駄に写真を撮ってた。


↑風を味わいながら、しばし休憩。


↑テーブルにカメラを置いてセルフタイマー。見事にテーブルが半分を占めている。

トレッキングの格好に身を固めたおばさまが到着し、写真撮ってくれました。
結構山登りをしている方のようで、
この程度、小学生でもヒョイヒョイ上るわよ~なんて言われる。私の体力が衰えたのか…。

初心者にもおすすめとしては、次は松本峠がいいんじゃない?
って事で、速玉那智に行く前に寄ってみることにする。


↑実は頂上はさらにハシゴを上った先でしたが、景色ぜんぜん良くなかった。

満喫したら下山。
下りは早いもので、天狗山頂上から30分で道の駅まで到着。

さてさて、お腹もすいたけど、
名物のめはり寿司かさんま寿司を食べたいので、
ここは食べずに先に進もう。


↑ナビに使ってたiPhoneのケースがとうとう崩壊した。

振動吸収してくれそうな弾力あるケースで愛用してたのに。
もうiPhone4Sのケースは売ってないしなぁ。予備は自宅に置いてきちゃった(予備の意味無い)
ここからは裸Phoneで行きます!生命線だから壊れてくれるなよ。

少し進むと松本峠発見。
駐車場を探すのに少してこずるも、今度はしっかり心構えをして登り開始!


↑階段のせいか、傾斜がゆるいせいか、馬越より全然楽。


↑この時期、いたるところに筍が顔を出している。


↑あっという間に峠へ到着。苦労が少ないせいか、感動もイマイチ。

鬼ヶ城の方に行ってみよう。


↑こちらもイマイチ。


↑桜はだいぶ葉桜。

満開だったら相当きれいだろうなぁ。


↑くだったところはちょうど鬼ヶ城の観光者用駐車場。

なかなか天気が良くて日差しがまぶしい。


↑お、いいですね、ツーリングと言ったらソフトクリームですね!


↑新姫ソフトクリーム(300) すだち系のさっぱりとした酸味。美味しかった。

遊歩道がすぐそこなので、鬼ヶ城へ行ってみましょう。


↑左半分の黒線が通行止めエリア。ってほとんど行けない模様。

とりあえず、行ってみましょうか。
と、予備知識何も無しに遊歩道を進む。

なんだか奇妙な形に削れた大きな岩肌が目の前に!


↑地面の模様のような奇妙なデコボコ。


↑近づくとこんな感じ。なにこれ変なの!化石みたい!

これは面白い場所に来たかも!とテンションあがってまいりましたぁ!


↑下がえぐれてるので、大きな屋根のような形になってる。デコボコが!


↑天井のデコボコ。フジツボのような穴だけど、もっと大きい。


↑こちらは腰くらいの高さの岩。

穴だらけだけど、気持ち悪いというよりも、
なんだかポップでワクワクする感じ!


↑人が入れるくらい中がえぐれてるの不思議!


↑ナウシカに出てきそうな、古い遺跡みたいな、陰影の感じとか好きかもー(o´∀`o)

先は通行止めなので、本当に序盤だけでしたが、非常に面白くて満喫しました。
通行止め解除されたら奥にも行ってみたいなぁ。

さてさて、時刻は14時。今日中に那智大社まではいけないかな。
となると潮岬キャンプ場まで行かないから、また道の駅で野宿だなぁ。


↑道の駅・紀宝町ウミガメ公園によってみる。併設のウミガメハウスは出入り自由。


↑普通にウミガメ飼ってた。


↑熊野古道ステッカー(359) 黒、赤、緑があるようで、緑は売り切れだった。


↑15時半、速玉大社へ。

宿営候補の道の駅・なちへは明るいうちに到着。

チャリダーやライダーがよく野宿していると聞いていたので安心しきってたんですが、
この時の私的には野宿しにくい道の駅でした。
なんだかとってもオープンスペースで、道路から丸見え、
電車の駅が併設、さらに温泉が22時まで。
お店の方がいなくなるのって23時とかになっちゃう。

他の場所にしようかなぁと地図を広げて考えていると、
なんだかちょっと変わった人に声をかけられ、なんとなく嫌な予感が募る。

でも近場に他に道の駅ないしなぁ。紀宝町ウミガメ公園に戻るか…。
悩みながらも、とりあえず風呂に入ろうとバイクを発進させる。


↑いなさの湯・白鯨(温泉博士使用)

ロビーでWi-fiが使えたので、しばし情報収集など。

しばしと言いながらかなり長居してしまい、外は真っ暗。
やっぱり道の駅・なちに戻るしかないかなとバイク準備をしていたら、
ここの日帰り温泉の常連さんっぽい方に声をかけられる。
ホテルのオーナーさん?のような方も出てきてしばし談笑。
常連さんは、私がこれから神奈川に帰ると思い込んだままご機嫌に帰宅されました。
あんまり人の話しを聞かない方だった。笑。
一緒に見送ったホテルの方に話しかけられ、これから道の駅に戻るという話をする。

いやいや、野宿なんて寒いでしょ。もう遅いし真っ暗だし、泊まっていけば?

いやしかし金銭的にね…と濁して逃れると、

もうこんな時間だし、部屋は空いてるから安くするよ!泊まっていきなって

ちょっとした交渉があり、元の値段がわからないのでなんともいえませんが、
おそらく半額以下、たぶん1/3くらいの破格の値段で素泊まりさせてくれることに。
うわああ助かる!と、本当にその値段でよいのか確認してから、大喜びで再び荷物を持ってホテルへ。


↑ドアプレート可愛い。

しかも最初は訳有りの部屋とか言ってたのに(ホラーではなく、ボイラー室の隣でうるさい部屋の事だったらしい)
普通の3人用の客室で、アメニティとかもきっちりそろってて、
枕二つ使えて(頭用と抱き枕用で2つ欲しい人)、テレビもトイレも冷蔵庫もあって、静かで良いお部屋でした。


↑おおお和室!テレビ!エアコン!


↑コンビニ聞いたら結構遠くて、自転車を借してくれました。


↑布団はセルフだったので、テレビ見やすい配置に。笑。


↑ひさしぶりにお酒飲んでテレビをみながら、布団で広々寝かせていただきました。

この時、熊本地震の状態を初めて映像で見て、
家族や友達から今どこにいるの?っていうメールがきてた意味をやっと理解。
これは…早くもとの生活に戻れるよう、切実に願います。

【記録】
走行距離:84km
歩数:25,153歩
【支出】計3,569円
ガソリン:給油無し
食費:1,210

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**

     

『4/15【10日目】→熊野古道馬越峠+松本峠・鬼ヶ城・速玉大社→ホテル白鯨』へのコメント

  1. 名前:風親父 投稿日:2016/05/11(水) 09:35:13 ID:589fc6ab0 返信

    おはようございます。
    今朝、キャンプ場でお話しさせて頂いた者です。
    天気も回復してきて、今日からの旅、いっぱい楽しんで下さいねぇ~(^_^)ノ
    これから、時々覗かせて頂きますよ(^_^;)

  2. 名前:しょうこ 投稿日:2016/05/11(水) 11:18:55 ID:589fc6ab0 返信

    早速ありがとうございます!
    湯布院に向かう道がすごく気持ちよかったです。
    こらからやまなみハイウェイ行ってみます~