5/17【42日目】→フェリー・崎津・天草→道の駅有明

スポンサーリンク

朝6時起床。
すでにご主人は飼い犬の散歩にいってたようで、庭で賑やかな声がする。
朝ご飯もご馳走頂き、昨日食べた鶏刺しの醤油を一本分けて下さった。
鹿児島は普通に売ってる醤油が甘いんだって。
実際にスーパー行ったら、いわゆる普通の醤油がキッコーマンくらいで、
あと全部甘口で驚いた。ていうかお土産用に追加2本購入した。笑。
そのくらいカルチャーショックを受けた(・∀・)

天気は快晴!
雨仕様の荷物を積み直し、お二人と猫達に見送られて8時半出発。


↑途中のコンビニでお姉さんに頂く。気温も上がってきたので助かります!

今日は北上し熊本に入ります。
フェリー乗り場まで山中をまっすぐ…が、やばい、眠い…。
昨日は話し込んじゃって遅かったし、
その前はネカフェで2時間しか寝てない。
やっぱり総合的に睡眠時間が足りてないか。

眠気覚ましに何度も休憩してだましだまし進むも、
限界を感じて道の駅・黒之瀬戸だんだん市場で仮眠をとる。
隅のベンチで横になってたんですが、どうも変な姿勢だったのか首肩が凝る。
まだまだ眠いけど、先程よりはマシだわ。


↑12:55に三和フェリー乗り場到着。

次の出発は14時との事。
あと10分早ければ前の便に乗れたかもしれない…。
乗船には車検証が必要と案内出てたので、荷物の下から発掘して持っていったのに、
全然チェックされず、排気量は自己申告でした。


↑あいた時間にご飯を食べる。出るときに持たせてくれたおにぎり2個。

自家製米で梅干しとおかか。
塩加減もちょうどよく、海を眺めながら美味しく頂きました´ω`)


↑地図を開いて今後を考えたりで時間を潰していたら、フェリー来た!

車よりも先にバイクから乗るよう誘導される。
初体験なのでドキドキしつつも乗船。


↑ローギア停車+ハンドルロック+前後輪とセンターの3か所にブロックを配置するだけの簡単な固定。

なんだかすごく目が痛いなぁ。
九州は絶対何か飛んでると思う。
日によるけど、目がかゆかったり、鼻水止まらなかったり。
花粉症だし、何かアレルギー反応が出てるとしか思えない。


↑ぼんやり海を眺めて、30分で熊本に上陸。

狭い船内でUターンしなくちゃいけないのを心配していたけれど、
出るときは正面が開いて、まっすぐ進めば降りられる仕様。なるほど(´・ω・`)


↑崎津天主堂

天草といえば天草四郎、この地域はキリシタンが多く、
教会もたくさん建てられていたそう。

私は前にも書いたように、一神教には興味が無いので、
人生で教会に行ったのは友達の結婚式くらいです。

ここに入った時にやけに違和感があって、なんでだろうと思ってたんだよね。
教会のスタンダードがわからないから、何が違和感の原因かわからなかったんだけど、
後日、教会なのに畳張りだった事が違和感の原因だとわかった。
畳の上にパイプ椅子がおいてあって、どこぞのPTAみたいだったんだ。


↑教会の前にいた猫にゃん。逃げもせず眠そう。

この崎津は、町並みもすごく面白い。
平地が狭いのでひしめくように家がたってて、
真四角の家をきっちり隙間無く並べた町って感じ。
庭とか無いし、隣との隙間もすごい狭い。


↑観光地っぽく無いんだけど、案内板や駐車場が設置されてる。


↑「トーヤ」家と家の間の、人一人通れるくらいの狭い通路。


↑これがトーヤ。町全体の写真は撮り忘れてた模様。


↑先に進むと、浮きを使ったこんなオブジェが。


↑大江天主堂。

入ったら中のシスターがわざわざ立ち上がって頭を下げてきて、
出る時も黙って出ようとしたら、やっぱりシスターが立ち上がったので、
観光で入るのは場違いな感じで大変すみませんでした状態でした。


↑こんな案内もあるわけで。

うーん、眠い。ヘルメットの中で歌いながら走る。


↑天草の歴史について勉強しようと思って、天草キリシタン館へ。


↑到着17:40でした。

今日は一日ずっと眠かった。
純粋に寝不足なので早めに寝よう。

というわけで、一番近い道の駅・有明に向かう。
隣接で温泉施設があるけれど、駐車場も別だし少し距離があるので、
道の駅の物陰に隠れれば早めに設営できそう。


↑さすが西の海岸、夕焼けが綺麗である。

19時半には設営し、魚肉ソーセージと玉ねぎを炒めて食べたら、21時には就寝。

【記録】
走行距離:223km
歩数:5,348歩
【支出】計2,805円
ガソリン:668(5.48L)
フェリー代:1,360

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**