7/13【99日目】(沈没)サロマ湖畔・展望台

スポンサーリンク

トラックのエンジン音がたまに変化するので、夜中に2回程起きてしまう。
まぁ比較的眠れた方かな。
5時半起床。


↑自転車と並べると、バイクでかいし荷物多いなぁと思う…(´・ω・`)


↑昨日のジンギスカンおじさんが朝食を振る舞ってくれた。


↑ジンギスおじさんの持ってるホットサンドメーカーは模様がつかないタイプ。焼き目が綺麗。

中身の写真撮り忘れたけど、スクランブルエッグと大葉のシンプルな構成。
でも大葉がいい仕事してる!薬味って大事だ。すごい美味しい。
しかしホットサンドメーカーはキャンプの必需品ですね!(*´∀`*)

さらにコーヒーと生野菜のサラダまでいただき、本当にありがたい限りでした。
知床に向かうというおじさんをお礼を言って見送ったら、道の駅裏の牧場にポニーがいるというので見に行く。

後ろからノーヘルカブでぷい~っと走って来たのは、餌やりに来た飼育のおっちゃんだった。
いつもはおっちゃんが来ると皆集まってくるらしいんだけど、
知らない人(私)がいるから恥ずかしがってるんだって。


↑ポニーは遠い場所で草を食ったり休んだりしている。こっちに興味も無い様子。

そのうち一頭が動き出したら皆来るよ、と言っておっちゃんはまたぷい~っと走り去っていった。
ちょっと肌寒しい日向ぼっこしながらぼんやり眺める。


↑と、確かに一頭が歩き出すと皆ぞろぞろやってきた!


↑餌を手渡しであげてみたりしてしばしポニーと戯れる。


↑親子可愛い。

ポニーの中でも結構派閥があるみたいで、
一頭だけ嫌われ者っぽいおかっぱの男の子がいた。
その子が近寄るとスーッと皆離れていくのがちょっと面白かった。
癇癪起こしたみたいに暴れたりで、周りの子に乱暴してるから嫌われるんだよ!

それにしても霧も出てて空は暗く、風も吹いてて結構寒い。すでにバイクに乗ろうという気がしない。
昨日頑張って走ったし、今日は湖を散策しようかな。
道の駅・サロマ湖というわりには、道路の向こうは緑が生い茂って全然湖を見てないから丁度良いかも。

サロマ湖の周りにハイキングコースがあるらしいので、
向かい風の強さに沈没決定した24さんと、霧が晴れたら行こうと話す。
まだ霧が濃くて視界が白いんですよねぇ。寒いし景色も見えないだろうし。
一日ゆっくり過ごす事に決めたので、午前中は日向ぼっこしたりとぼんやり過ごす。

ひなたぼっこで過ごせるって、本当に平和な事だなァ…しみじみ。
普通に仕事してたら、時間がもったいなくてそんな事できないけど、
今はむしろやること無いくらいに時間が余ってる。後から考えたらなんて贅沢な過ごし方だ。


↑北海しまえびを少しわけてもらった。ミソも美味しい!


↑帆立カレー(500)で腹ごしらえ。
カレールーにホタテの香りが溶け込んでて美味しいカレーでした。

霧も晴れてきたので、12時出発。
どこから湖に出られるのかわからないので、とりあえず国道沿いに歩いて行く。
それっぽい遊歩道が見つかったので、案内板とか無いけど入ってみる事に。


↑この木々の向こう側に行きたいんだけどなァ。


↑遊歩道の草が好き放題している。あんまり人通って無さそう。


↑倒木の為、通行止め。

引き返してまた新たな道を探すものの、どこも道は途中で消えてなくなり、その先は背丈まで草が生い茂っている。
普通なら引き返すところだが、迷う事なく道を開拓していく24さん。


↑ガチで道を切り開いている。

丁寧に草を倒してくれるので、後ろで楽をしながらサロマ湖の湖畔へ向かう。


↑サロマ湖です!

なんだか寂しい湖だ。
モシャモシャした物が漂着してて綺麗とは言えないし、なにも見当たらない。
どっかでちゃんとした歩道に出るのかも。湖畔沿いに歩いてみよう。
と、後ろで石を積み始める24さん。

何しとんの?
もし歩道が見つからなくても戻れるように、目印や

…やばい、本物の旅人だ(・∀・)マジか笑

さて、大真面目に小石を積んだ24さんとのんびり歩くけども景色は変わらないし、道っぽいものも現れない。
来た道を戻るか?と迷い始めた頃に、やっと国道へ出られる道を発見。
木々も少し薄くなってて、国道が湖側にカーブして接近している部分だったみたいですね。

戻ってる途中で「遊歩道入り口」の看板を発見。
これをずっと探してたのですよ…!\(^o^)/

喜んで再び林の中に入るも、しかし結局すぐに草だらけ。
遊歩道なのに草がボーボーになってる。クモの糸も漂ってるし、絶対ここ人は通ってないわ( ´,_ゝ`)
水溜りもちょいちょいあるし、ぬかるんでたり、動物の足跡も見かけた。

まぁ時間はあるし、ダメなら引き換えそうということでひとまず進む。
クモの糸対策で、拾った棒をぶんぶん振り回して歩く。なんだか小学生になった気分。
最初の道に比べたら一応道は続いてて、なんとか道の駅まで戻ってくる事ができました。

時刻は15時。3時間くらいふらふらしてたのか。


↑駐車場にはバイクが増えている。ていうか停め方がフリーダムだな!

ベンチの見慣れた顔に気付いて、24さんが隠れて脅かしに走る。小学生か!
ワッキーにヘリ君、もう2台は初めましてのカブライダーだ!


↑中国の逆輸入カブ?積載\(^o^)/

どこ行ってたんですかー
いや、湖の近くまで行ってたんよ
えー!‽ チャリ置いてあるから絶対に山に登ってると思って、オレ登ったのにー。全然いないし
いきなり現れて驚かしてやろうと、コソコソ隠れながら展望台まで登ったらしい。
おいおいなんだ可愛いな(*´ェ`*)

道の駅の裏に山があって、展望台からサロマ湖を一望できてかなり綺麗らしい。
写真を見せてもらったら、これは行きたい!と思う綺麗さ。
ワッキーは写真撮るの上手い。
いつも写真見せられると行きたくなるんだよなぁ(*´ェ`*)

ちょっと歩きたりないし、行ってこようかなー
30分くらいで登れましたよ
あ、でも夕日見るなら遅い方がいいかな
いや、日が沈んだら山にいたらあかん
300m程でも山は山。
日が沈む前に降りた方がいいと、いそいそと靴を履き替えた山プロの24さんと登りにいく。
やっぱり山好きなんだなぁ…直前までめっちゃ他の人と喋ってたのに準備早ッΣ(゚Д゚;)

さて、ワッキーいわくは登山道があるらしいんだけど見つからない。
しばしウロウロした後、それっぽい道を発見するも…なんかうっそうとしてて熊出そう。
24さんが念のためとコンパスで方角を確認。いかにも野宿してます的な発想だな!笑

結局そこは違って、改めて登山口の看板を発見し、登山開始。
真ん中まで私ペース、後半は24さんペースで登ってみたら、
さすが百名山の登山家、24さんペースの方が全然楽だしあっという間だった。
汗をかかない程度、喋りながら登れる程度のペースで、気持ち物足りないくらいゆっくり歩いた方が、
長く登っても疲れないから最終的にしんどくないらしい。
いつもガンガン行こうぜ!な私は目から鱗。焦る気持ちを抑える事が必要なんだって。

そして展望台!これがもうほんっとうに綺麗でね。


↑ちょうどサロマ湖の左右から霧が覆いかぶさってきたところで。


↑一番奥から海、糸のような細さの湖の対岸、静かな湖畔に、その上を滑っていく白い霧。


↑雲と日と、湖畔の反射が絶妙。


↑反対側の空は青空


↑月も見えたし。


↑徐々に落ちる日

こんな写真のファインダーで切り取った画像じゃ全然伝わらないよ!
ていうくらい、
視界の左右一杯にサロマ湖が広がり、ていうかサロマ湖でかい!
右と左に雲が漂い、右手には青空が、左手には太陽と光の筋が、
この同じ視界に色々が飛び込んでくる贅沢な景色!これが北海道だよなぁ!!

展望台で会ったお父さんとしばし談笑。
奥さんは車中泊や目的のない旅が苦手らしくて、
一緒に旅行する為に、先にルートやポイントを調べに下見に来ているのだという。
だから今回は一人旅。
仲いいんだなぁ、素敵だなぁ。

景色があまりに綺麗なので、お父さんが帰った後もしばらく景色を堪能。
左右に雲が広がり、南風で雲がちぎれて霧となり湖の上を滑っていく様子が全て見える。
かたやもう一方では、日が湖面に反射し、宝石をちりばめたかのように眩しいくらいキラキラしている。
刻一刻と変わっていく景色に目を奪われる。
これは…本当に素晴らしい景色だ!(*´∀`*)

実は展望台の近くまで、ダートだけど車道があるらしい事に初めて気付く…。
いやいや、山登れて楽しかったですよ!勉強になったし!


↑飲み終わったペットボトルを握り潰す24さん。昨日は空き缶も手で握り潰してた。
ゴミ箱のない北海道において、ゴミをコンパクトにするのは大事なスキルです!

満足したら下山。
ワッキー達は道の駅の建物より山側にある東屋で夕飯を食べるというので、
昨日と同じ場所にテントを張ったら、食料だけ持って参加。


↑ビールを買ってきてくれたワッキーに感謝して、乾杯!
和歌山、福井、岡山に奈良、兵庫と、関西率がパねェ…。

関東人の私はずっと関西のあのぐいぐい来る感じに先入観で苦手意識ありましたが、
実際接してみたら一番、裏表なくすーっと仲良くなれるのって関西の人が多かった。
むしろ関東人は、シャイっていうか、まぁ気持ちわかるので仕方ないんですけど、
なかなか自分から話しかけられない性分というか、気になるからチラ見するけど目は合わせられないというか。
それが関西方面からは、冷たく見えるってのもようわかりましたわ。
大変申し訳ない、関東を代表して言わせてもらうと、
冷たいんじゃなくて、照れ屋過ぎて声かけられないんですわ。
頼られたらちょう嬉しいのに素直に出せないというか。笑


↑夕飯はいつも通りのオートミールです。

21時くらいまで喋ったら、明日はもう出発するので早めに撤収。
今日は車中泊は多いけれどトラックはいないみたい。
静かに就寝。

【記録】
走行距離:なし
歩数:23,343
【支出】計1,300円
ガソリン:給油なし
食費:1,300

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**