【塔ノ岳5】自宅→国道246→大倉→塔ノ岳ピストン

スポンサーリンク

片手鍋ブログです(*´ェ`*)

記事が多すぎてまだまだ引っ越し途中なのですが、
始動しないとわからない部分も多いので、
微調整しながら更新していきたいと思います。

ついでにブログタイトルも変更しました。

明らかな不具合ありましたらこちらにコメント下さると助かります´ω`)ノ

* * * * * * * * * *

さて、登山リベンジ行ってきました!


↑天気はこう

雪も溶けてるみたいで一安心。
とにかく花粉が怖いけど、これを逃すとヒルが出てくるから最後のチャンスかと。

今回はキャリア付き自転車なので、ザックは背負わずキャリアにくくる。
バイクじゃないからそんなにがっちり締めなくても大丈夫かな(´・ω・`)

ではでは、出発は6:15。
日の出は5:35だったので、太陽も出てきて良い感じ。

ただ最近は花粉のせいで寝ても寝ても足りないんだよねぇ。
普段は睡眠時間8時間以上とってるので、
今回4時間くらいしか寝てないから体調面不安…(;´Д`)

今回は善波峠も自転車から降りずにクリア!
一度も押す事なく漕ぎきりました!( ゚∀゚)
しかしトンネル抜けたところの展望がすごい綺麗なのに、
今回はガスってて富士山もぼんやり。

大倉バス停に到着したのは8時丁度。
どうやら登山客は多そうだ。春休みだからか家族連れもいるみたい。

すでに足が痛いけども…
再びストレッチをして8:15、いざ出発!

今日は写真をほとんど撮って無いので簡単に記録だけ( ´,_ゝ`)

1時間くらい登った所でバテ始める。
ていうか…鼻水…止まらない…。

前回断念したベンチで少し休憩。
ちょっと寝よう…というわけで20分ほど仮眠。
うたたねしている間に若い学生っぽい団体と、
小さい子連れのファミリーが通り過ぎていったのが声でわかる。

ちょっと回復したので再び登りましょう。

学生団体が思ったよりも大人数だった。
大きなザック背負ってたから泊まりかな?
ファミリーだと思ったのはなんだろ、少年団みたいな感じ?
同じ服装の子供たちと引率の大人って感じだった。


↑朝からガスってるようで、富士山も霞がかかっているような感じだ。

とにかく黙々と登る。

なにより鼻水が出まくりでつらい…修行か。
くしゃみすると鼻から爆発音する。笑

心を無にして花立小屋へ。11時半到着。
どう考えてももたないので昼飯を食べる。
ここで帰ろうか…もう少しだし山頂まで行くか…迷っていると、
さっき見た学生よりも若い団体か。たぶん中高生くらい。
「あとコースタイムで40分。昼飯山頂の予定だったけどここで食べるか」
みたいな会話してて、
あーあと40分か…行くか、がんばるか( ´,_ゝ`)

ってわけで、団体がご飯食べてる間に出発。
あの集団に巻き込まれては敵わん(´・ω・`)

そして12時に山頂到着ー!
やった…やったよ…(´;ω;`)
身体は痛くないんだけど疲れた…とりあえず寝るわ( ゚∀゚)

再び横になること40分。
ふと目を開けると目の前を黄色い粉が飛び交っているじゃないか…!!
あかーーーん!花粉飛びまくってる所で悠々寝てる場合じゃない!
(私は吸い込んだ翌日に症状が強く出るタイプです)

慌てて起きたら急いで下りましょう。
爆睡してたのかかなり回復した感じ。


でもくだりキツイなー!!
花立小屋前後の坂がとにかくしんどい。
やはり……バテてるな…完全にバテてますねぇ。
ちょこちょこと休憩を挟みながら、16時頃に下山完了。

……よし、帰ろう!!\(^o^)/
といっても帰りは下りがほとんどだから楽勝だぜ!

前回と同様、帰りは1時間半であっという間に駆け下りて帰宅。
もう二度と自転車で山登りしない(´・ω・`)

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**