【現場打合せ1】スイッチとコンセントの位置確認

2020:店舗併用住宅

上棟式は仕事だったので、朝だけちょろっと顔を出してきました。
なんか10人くらい集まって、すごい勢いで柱建ててて、
夜に見に行ったらちゃんと建ってたからすごかった。


↑暗くなるまで作業していた。


↑本当に木で出来てるんだなぁ…(*´ェ`*)

上棟が終わると毎日棟梁が一人で作業している様子でした。
いかにもガテン系な感じのおにーちゃんでドキドキでしたが、
行くといつも「またいつでも見に来て下さい」って言ってくれて、
話が盛り上がるわけではないけど、まぁなんとか一人でもお邪魔できそうでした。笑


↑ドアの所だけ柱が無いので、なんとなくの間取りはわかる感じ。


↑屋根は屋根屋さんが貼るんだって。小雨の中2人来て作業していた。


↑高い所平気なら足場乗っていいですよ~て事で、3階の屋根まで上ってみた。
周りに3階建てが少ないので、バルコニーから隣家が見えない=外からも覗かれない。
空しか見えなくて、晴れた日は気持ちよさそうなバルコニーになりそうだ。


↑広めの部屋はだいたい資材置き場になってる。これでも広い方なの…。


↑お風呂が入る予定の場所。


↑玄関前の庇。完全に木で出来てるんだねー!(・∀・)

一応、仕事帰りに遠回りすれば寄れるので、
わりと頻繁に見に行ってたんですが、
ドアが取り付けられてからは夜はカギが閉まってて、仕事帰りに寄っても中見れず。
そこからは休みの日に時間があれば行くくらいで、あんまり行けてないです。

そんな中、現場監督さんから連絡があり、
コンセントやスイッチの高さと位置を現場合わせしたいとの事。
母も見たいというので一緒に行ってきました。

コンセントの高さと位置の確認

まだ壁が無いので柱に黒いボックスが取り付けられていて、
それがコンセントと電気スイッチの高さなんだって。

写真撮ったかなぁと思ったけど撮ってなかったみたい。


↑右奥の柱の真ん中、左奥の足元にある黒いボックスがそれ。

図面と照らし合わせてそれぞれの高さと位置を確認。
ボックスの高さは標準か、それとも指定した場合は本当にこの高さで大丈夫かという確認。

あとは左右の位置ですね。図面だと「この辺」って感じで曖昧なので、
実際に現場で「この柱の右側か左側か」という細かい確認をしていくわけでした。

あとはリモコン系の配置ですね。
リモコンやインターフォンが集中する部分で、散らせそうなやつは散らしました。
24時間換気のリモコンはストック部屋に突っ込んだ。

24時間換気はドイツ製のスティーベルで、リモコンもデザイン性がいいんですよ


↑こんな感じらしい。

なんか操作しづらそう
まあ、ほとんど操作する事ないですけどね(・∀・)
まあ、どうせストック部屋に置くからデザイン性とかどうでもいいですけどね
ははは(;´Д`)

あとはテレビボード裏のコンセントのレイアウトね。
4つと2つでわけるのか、6つを一つにまとめるのか。


↑6つを一つにまとめるか。


↑4つと、少し離した場所に2つ、という感じでわけるのか。

あとは本棚のコンセントをもう少し高い位置に変更したくらいかな。

店舗―住居間のカギ

色々あって引き戸用の間仕切り錠になっていたんですが。


↑この左側が間仕切り錠

普通に鍵付きのシリンダー錠の方が良いのではないかと思いまして
うーん…?
今は母屋側からしか鍵がかけられないようになってますが、店舗側からもかけられた方が良いのでは

私の想定では店舗を誰かに貸した場合に、勝手に母屋に入られたら困るので、
母屋側からカギが閉められればそれでいいやと思っていたのですが、
現場監督の想定は、
店舗で接客中に不審者が入ってきて母屋に侵入するというパターンだった。

鍵が不要でしたら仕舞っておけば、間仕切り錠と同じ使い方もできますし
なるほど
明らかに鍵付きドアだと、不審者も手を触れようとはしないと思うんですよね
そっか…ではつけておきましょうか

というわけで、あんなに悩んだのに変更しますわ。


↑たぶんこんな感じですかね。

鍵あると管理が面倒かな~と思ってたんだけど、
鍵とか失くすタイプじゃないし大丈夫か。

紙巻き器の種類

標準のTOTOの紙巻機がすごい指紋が目立ちそうなので、
店舗も住宅も変更してもらう事にした。


↑母屋はカワジュンのSC-473-XK

店舗はゴールドちっくな色に変更した。
この見積もりまだ出てないけどなぁ。

ストックの棚板奥行

押入れ的なストックの棚板の奥行をどうするかと。
左手前に直角に作り付けの棚があるために前面が全て開口してないんですよね。
なので棚の奥行をどうするかって事ですね。
手前に掃除機とか細長い物をしまう事を考えて、奥行きは短めの60㎝にした。
たぶん布団もしまえるはず…。

階段と踊り場のライト

3階に向かう階段と、3階のダウンライトを一括のスイッチでまとめてたんですが、
電気屋さんから分けた方がいいのではという提案があったそう。

ダウンライトとブラケットライトは色味が若干違うので、通常はわけるそうです
しかし、階段上る時に電気付けたらそのまま3階の電気もつけるのでは?
そうなんですよね、だからお好みなんですが

でもなんか電気屋さん的には普通分けるものらしく、
念のため確認して欲しいと言われたそうなので、
プロがそこまで言うなら、じゃあわけておいてくださいと言っておいた。

進捗写真


↑勾配天井もだいぶできてきていた。ここはキッチンに向かったところ。


↑相変わらず気持ちの良いバルコニーである。


↑フローリングが届いていたそうで、ちょっと見せてもらう。
上の暗めが1F店舗用、下の薄い色が2Fの住宅用。なかなか良い感じ。

コメント