WEB内覧会3:デスクスペース

WEB内覧会

WEB内覧会1】1階玄関と3階バルコニー ←間取り図もこちらをご覧ください。
WEB内覧会2】リビングとキッチン

デスクスペース

ここは絶対どうしても必要だったので作ってもらいました。
元々フルタワーパソコンと23インチモニター2台持ちなので、
モデルルームでよく見るちょっとしたカウンターでは狭すぎる。
いやあんなのノートパソコンでちょいちょいやる人向けだろ。
デスクトップって聞いても大体の人がスリム型想像するもんね…。

ハウジングメーカー絞ってる時も、
各社に「フルタワーPCとモニター2台並べられる机が欲しい」と伝えていて、
その中でも面白い図面を書いてきてくれたのがこの建築会社だった。

間取り図でみると右上のエリア。
北の外壁側に造作本棚を作り、そこを背にしてLDKを向くような形。
イメージは半個室みたいな感じかな。


↑椅子を広々動かしたかったので通路幅は100cmある。最初の間取りより広げてもらった。
そのせいでリビングが狭くなったけど、それでもこっちを優先させた。


↑右側の一枚壁。キッチンと同系列のアクセントクロス貼ってます。
構造の関係でリビングに一本柱が必要で、
その柱をこの半個室の壁にしちゃうという、この発想が素晴らしい。


↑結局モニター3台にしたので、サイズ感ちょうどいい。天板は160㎝×70㎝くらいある。
キーボードが置いてあっても、レポート書いたり資料広げるスペースある。

仕事で使うわけでもないのになんで3台も?ってよく言われます。
一応、基本的には右2台でやってて、
真ん中の縦モニターが基本的な作業画面でネサフもこっちで、
右が動画とか音楽流したりフォルダ開いたり写真編集とかサブ画面的な感じで、
左がゲーム用のモニターなんですわ。
右のモニターはもう10年くらい使っててもうあんまり映像綺麗じゃないというか、
それでちょっと新しいモニター買っちゃったんですね。


↑リビング側は腰壁。
カウンターが70cm、縦置きモニターが50cmくらいなので、腰壁は125cmで作った。
リビング側からモニターや椅子がチラチラ見えない高さは欲しかったので。


↑座ると前方は視界が開けてて、圧迫感が全然ない。
各社普通に壁向きのカウンター作ってた中で、
いや本当この間取り、マジで設計士さん神だと思う。
私、喫茶店とか飲食店とか自習室とかで壁に向かって座るの嫌いで。
窓か室内が見渡せるような、視界が開けているところの方が落ち着くので、
壁向きカウンターじゃないこの間取りはベストだと思った。


↑この壁には下地を入れてもらい、アイアンバーを取り付けました。
カレンダー引っ掛けたり、当初の予定通りの使い方が出来ている。


↑LED照明なので、フェイクグリーンぶら下げても大丈夫。


↑足元はこんな感じ。見えないからとケーブルごちゃごちゃなまま。
フルタワーとプリンターとか奥に突っ込んでるけど、奥行き90㎝あるので足はぶつからない。


↑モニター類の配線を逃がすために、カウンターと腰壁の間に隙間を作ってもらってます。
モニターアームも使いたかったし。
そのため強度の問題で真ん中に柱がついちゃったんだけども。


↑それも見事に思惑通り!モニターアームの位置も自由自在。


↑リビング側から見るとこんな感じで、パソコンとか机のごちゃごちゃ感が全然見えない。
本棚の下の方は文房具置いたり結構ごちゃごちゃしてるんだけど、それも全然見えない。
でもデスクに座ると引き出し開けたりしないですぐ取り出せるのでホント便利。
本棚の下から3段目に充電ステーションとしてコンセント追加してて、
ここで携帯ゲーム機とかタブレットとか充電してるけど、やはりリビングからは見えない。
だけと椅子に座ってると振り返るだけでちょうどよい高さにあるからマジで使い勝手がいい。

そんな感じで細かい所まで私のニーズには素晴らしく合ってて、
コンセントも足元左右に2コ口ずつ、デスク上にも2コ口、本棚の充電ステーションで2コ口と、
「そんなに要ります…?」と聞かれながらも追加したのも全部使ってるくらいで、
今のところ何の不満も無い素晴らしく快適スペースになってます。

コメント

  1. K より:

    凄い!さすがこだわりの&マメなしょうこさん。
    めちゃくちゃ使いやすそうだし綺麗にまとまってて羨ましくなりました!
    もしお仕事が変わってテレワークなんかになったりしても誰よりも最適化された空間で仕事出来そうです!

    • しょうこ より:

      ありがとうございます(*´ェ`*)
      ここは本当に毎日座ってても苦痛じゃない、本当に快適空間です。
      居心地よすぎて一日座りっぱなしで身体傷めたりしてますけど笑