6/23【79日目】(沈没)関川→渡邊邸・笹川流れ→道の駅あつみ

スポンサーリンク

朝は5時に起床。
真っ先に確認するのは外の天気。
テントを開けてチラ見…降ってない。

これは予報外れたか…昨日あんなに必死に屋根を探したのになぁと思ったら、
5時半にはどしゃ降りきたー\(^o^)/

いや全然嬉しくないけれど(^p^)
完全に屋根の下で安全な場所に避難してたのでテント一切濡れず、
バイクも片方のハンドルが濡れたくらいで済んだ。


↑とりあえず朝食な。


↑いつも通りです。オートミール、インゲン、玉ねぎとコーンスープの素。

毎回思うけど、毎回変わり映えもしない食事を飽きもせず撮ってるよなぁ感心するわ。
しっかし、道路に近い側だったので、トラックがちょううるさい。
深夜も爆走しているトラックが多かったので、次はもう少し離れた場所に設営するべきですね。


↑施設の裏口という、場所が場所なので早めに撤収。

少しバイクの位置をずらし、邪魔にならず、かつ半分は屋根の下に入るように停車。
雨は朝方激しく降ったものの、その後はしとしと降り続けている状態。
併設のお風呂が9時からなので、それまで時間を潰さなければ。

まずは道の駅周辺を散策。


↑渡邊邸、オープン前なので中には入れず。庭だけ眺める。


↑水車もあったけど、水が流れてないのでオブジェ化してました。

今日は朝から沈没確定なので、
楽な綿パンに半袖シャツというダルダルな格好でフラフラしててかなり怪しいだろうに、
地元の小学生やら中学生が挨拶してくれる。
そういうふうに教わってるのだろうけど、すごいなぁ。


↑昔ながらの家があって。


↑屋根は毎年一面ずつ新しくするので、4年で一周。よって面によって色が違う。


↑駅の外から線路を撮る。線路が一車線か~。


↑近寄ると逃げる珍しい鯉。

こんな感じでふらふら歩いておったら靴に浸水。当然靴下もやられました。あかん\(^o^)/
慌てて戻っておとなしく道の駅のベンチにかけて、文字通りなにもせずにぼーっとして過ごす。
いやね、本当に何もしないでぼーっとするって、できるもんですね意外と!
たぶん仕事してた頃は勿体ないって思って何かしらしてたけど、
今はもうね、余裕ですね、何もする事ないしね。


↑隣接の桂の関温泉ゆ~む(500)には、9時オープンと同時に入店。


↑ひとまずざっと体を流して温まったら、休憩室で記録作業を始める。

ここはフロントに伝えればコンセントも借りられるので、ありがたく充電する。
携帯の充電が切れかけていた。

あとから気付いたが、どうも飲食物持ち込みOKなようで、たぶん近所のおじいさんおばあさんが集う場所。
カップラーメンやお菓子やらを持った人生の先輩方が、それぞれのグループで席を陣取りごろごろと昼寝。


↑これはひどい。あまり見たくない光景だなぁと思いつつも、記録と充電にいそしむ。

やはり道の駅から少し離れているせいか、ネットの繋がりが不安定。
いつものこととはいえ若干イライラしつつも画像のアップロードが済んでひと安心。
北海道に入る前に一度下書きとして仕上げておきたいかなぁ。無理だろうなぁ(※無理でした)

一通り終わって落ち着いたものの、外はまだ降ったりやんだり。
天気予報も相変わらず15時くらいまで雨と出ている。

特にすることもないので昼寝。
起きたら足元に隣のおじさんの頭が転がっててビビる。足蹴にする前でよかった。

携帯回復したのでKさんと連絡。
道の駅・笹川流れに行くというので、私もそこを目指そう。
天気が落ち着き次第出発しますと伝えて、再び風呂へ。

14時半、改めて予報を見るも16時くらいまで雨と、予報が長引いている。
あまり遅くに出発だと暗くなるし、出るとしたらそろそろが限界かな…。
一応小雨だし、走れないことはない。
朝からずっと受付にいるお姉さんにお礼を言って、
沈没装備から雨中走行装備に整える…とかやってる間に本降りに。さすが 雨 女 … ! ( ゚∀゚)
仕方ないのでブーツカバー取り出し、本気装備で15時には出発。


↑道の駅・神林。

道の駅・胎内で会った自転車乗りがここに泊まったはずだ。
屋根はまぁ、あるかな。十分ではないけれど。ちゃんと休めて旅を続けているのかな。
休憩している間にKさんより連絡。
道の駅・笹川流れが屋根無しで微妙らしく、ひとつ先の道の駅まで行くという。
おおおおマジか!追い付けなかったらどうしよう。
のんびり休憩している場合じゃないわ!
というわけで少し急ぎ目に国道345を北上する。

海岸線だからか、そんなの関係ないのか、徐々に雨足が強くなる。
道の駅・笹川流れの横を通る時には大粒の雨がざんざか降って、体に当たって痛いほど。
しかも道の駅は電車の駅と一体化している。
例えるなら小田急線のよみうりランド前駅みたいな、
いやいや無理っしょ!ここで野宿無理っしょ!てなる、
商店街の目の前とでもいうような道の駅だった。これは道の駅じゃない…。

雨も強いしKさんいないことはわかってるので横を素通り。
でも笹川流れはマキちゃんオススメのルートでもあり、
層になった岩や蜂の巣のような六角形の岩やら、
海岸線ギリギリを走り面白い岩石が転がるなかなか楽しいルートだった。
土砂降りで路面が鏡のようになっている中、バスの後ろにくっついて安全運転で走行。


↑写真撮る余裕はなかったわ。

道の駅・あつみには17時半頃到着。
駐車場に入ると、明らかにそれっぽいバイクが停まってる。
隣に停めたらちょうどKさんもそこに立ってた…まさかずっと外にいたのでは…。


↑同じW650ライダーでござる!

もちろん会うのは初めてなので軽く自己紹介、
ここは24時間解放の休憩室があるので、そこを利用しようということで、
暗くなる前にとKさんは風呂へ、私はマックスバリューへ。

Kさんが戻るまで休憩室で記録作業をしていると、宗教人の格好をした男性に絡まれる。
なんだろう、言いたかないけど、すごく面倒くさい人でした…。

ここを拠点にしてないというわりには、かなり泊まってて詳しいぞアピールしてくるし、
ていうか…臭いなぁ…。
温泉をバカにして、自分は銭湯に行ってるとか言うわりには臭いぞ。
ちょいちょい腹立つ言い回しが目立つので、私も塩対応。
一人だったらさっさと次の宿営候補に向かうところだわ。

その後、宗教人にはお仲間が来たようで、隣のベンチの部屋で泊まる様子。
ここは休憩室が2部屋あって助かった。
一緒の部屋だったらテント張らなければならないところだった。
そんなこんなでKさん戻ってきて、2人でご飯食べつつ喋って過ごす。
一時期かなり近い場所に住んでた事があったりとか、
本当に世間は意外と狭いっていうか、なにかしら縁というか繋がりはあるんだなぁとか思ったり。
ブログの印象通りの方で、実際に会って話せてよかったなぁと思った。

22時頃、例のごとく私が眠くて解散する。
本当いっつも眠くて申し訳ないわ!

【記録】
走行距離:87km
歩数:6,715歩
【支出】計2,452円
ガソリン:759(6.43L)
食費:1,193

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**