7/2【88日目】(沈没)松前城

スポンサーリンク

4時半頃、半分意識が覚醒したところで、
テントの外側に水滴がついている事に気付いて飛び起きる。

降ってきたか…!
本降りする前に急いで片付け。
沈没用に荷物をまとめ、5時過ぎにはバイクへの積載も完了。


↑同時に降り止む雨…(´・ω・`)デスヨネー

お腹が空いたので近くのコンビニ、セイコーマートへ向かう。


↑これが噂の100円弁当…!

味とかはまぁ特筆すべき事もなく、
量は適量ですね、お腹一杯にならずに適度な満腹感で私にはベストサイズ。

今日の温泉も歩いて行けるね。
コンビニまで行ったついでに場所を確認、屋根が無いのでわざわざバイク動かす意味も無いな。
道の駅以外で野宿できないか町中探索。
公園が点在していて、しっかりとした東屋もあるので最悪そこでもいいか。
トイレが無い事だけだけど、道の駅まで行けばいい話だし。

一度道の駅に戻って天気を調べる。
やっぱり今日は一日雨。13~18時がピークっぽい。
14時から温泉がオープンするからそこで逃げ込んでもいいかな。
どちらにせよ今日は沈没だ。江刺あたりまで広範囲で雨なので、無理はやめよう。

7時半、まだ雨が降らないので松前観光に出かける。
松前城や寺町を散策。


↑松前神社


↑松前城


↑雨はまだ大丈夫そうだ。


↑桜前線の上陸基準木だそうで。これが咲いたら桜前線が北海道上陸ってことになるのかな?


↑桜の木がたくさん植えられてて、どれもに品種の札がかかっている。さらに紹介の看板まで。


↑寺町へ。


↑ここめっちゃ雰囲気よさそうなんだけど…


↑お墓の中を突っ切らないといけないので、無理でした…。

寺町は見事に墓、墓、墓…松前はお墓だらけだった。


↑ざっくり見て回ったので、公園ベンチで記録作業。奥の東屋は大きくてテント張れそうだ。

少しぽつぽつ降ってきたので戻ると9時。また雨は止んだ。
うーん、微妙に空明るいし、これ本当に降るのかなぁ。


↑道の駅から青森が見えたわ。だいぶもやっとしてるけど。

天気…。
降るのか降らんのか、降らんのだったら先に進みたいんだけども。
悶々としながら外のベンチで記録作業を続ける。
明日は動けると信じてバッテリーを使い切るくらいのつもり。


↑11時、突然降り始めた雨に嫌な予感で、急いで電子機器を庇って建物内に避難する。


↑同時に水しぶきが立つ程のどしゃ降り。間一髪だった。

道の駅のレストランもオープンするので、椅子と机が欲しくて店内へ。
ここは作業できるベンチと机が屋外に充実してるんだけど、屋根の下が少ない。
忙しそうだから注文は向こうが取りに来た時でいいやと思ったら、12時になってた。

道の駅Wi-fiがしっかりしているので、
記録作業やPCメールの確認やらと、たまっていた作業に没頭してたらすっかり時間が経っていた。
さすがにそれ以上はアレなので、忙しい中ですが呼び止めて注文。


↑イカ天丼(864)

イカ刺しとかもあったんだけど、天丼食べたかったん。
イカはプリプリというよりも柔らかいイカで、
歯で噛みきれるから衣からずるっと抜けてきたりはしませんでした。
総評として、普通に美味しい。米が少し柔らかかったのが残念かな。

外食は高くつくから困るけど、まぁ場所代と思って仕方ないね。
外が見える席に座ったので、天気はずっと見てるんだけど、
雨足は弱まる事もなく、ずっとけたたましい勢いで降っている。
今日動かなくてよかった。私の判断間違ってない、うんうん。

しかしよう降る。駐車場が若干水没してて、バイクの様子見に行ったら靴に染みてきた。しまった。
水溜まりの中に放置されたかのような愛車がかわいそうだ。
やっぱりバイクカバー持ってた方がよかったんだろうなぁ。
Kさんの持ってた半カバーとやらが欲しい。

地図を広げて今後のルートを考える。
ツーリングまっぷる、勢いで買っちゃったけど、やっぱり要らないかもしれないなぁ。微妙。
ガソリンスタンドとかコンビニの情報があるのはありがたいけどね。
人の多い町なのか、小規模の町なのかがぱっと見で判断できるから。

14時過ぎ、風呂に行こうと席を立つ。
どしゃ降りの中を温泉へ向かいつつ、途中のバス停を確認。
小屋のような建物になってるので、最悪、中で野宿できないかなと思ってな。


↑先客がいました…!

ベンチの真ん中に一つだけある座布団はこの状態、
あ、お邪魔しました…と、バス停内に入ることすらできずに引き返す。笑

結論:バス停は無理です!


↑ガラナ(100)

すっかり忘れてたけど、北海道来たらガラナ飲まな!
コーラっぽいんだけど、もっと甘くて薬品っぽい感じ。


↑矢野温泉(HO利用) 雨で撮影時にHO出す余裕無し

時間を潰したいので、極力ゆっくり入る努力をする。
足裏マッサージとかして、2時間かけた…!
いつも着替えも含めて1時間かからない私にしては相当頑張ったよ。笑
とろみのある湯で、すごい汗かいて気持ちよかったー!

脱衣所に「宿泊希望の方はフロントにお申し出下さい」とか張り紙してあって、
ちょっと、いやかなり、心動いたけど、6,000円とかするもんなぁ。
ここは堪えどころだよ。
北海道来てから外食増えて、予算超えしてるから我慢する。
フェリー代分も頑張らないと。

休憩室というかベンチだけのところで再び記録作業を続けたら、一度道の駅に戻る。
雨は止みかけてるけど、風が強い…!
公園の東屋の様子を見たら、風のせいで雨が吹き込んでしまっていた。これはダメだ。


↑やはり覚悟を決めて道の駅で泊まろうと、道の駅で海を見ながらお店が閉まるのを待つ。

20時前頃、ベンチでぼけーっとしてたら車中泊のおっちゃんが声をかけてくる。

バイクで旅してるの?
あ、そーなんですー
…そーなんですって、なんだ君
え?え??

どうも完全に男だと思って声をかけたらしく、声聞いてビックリした模様。
ね?誰も私を女だと思わないから、むしろ安全なんですよ」って言って場を和ます。

滝100選を追いかけて日本全国旅しているらしく、お互い暇なので時間潰しに喋ってみる。
道の駅・よってけ!島牧に泊まっていたらしく、
そこで同泊だった人がまた同じ道の駅で、さっきまで一緒にご飯食べてたらしい。
車のシートを取り払ったので後ろが広々だよと招待してくれるので、興味も湧いたし暇なので上がり込む。笑


↑確かにすごい、広々だ。


↑テレビもあるし、まさに家だな。

ビールを1缶ごちそうになって、1時間程お喋りする。
まだ外車バイクしか無い時に、ホンダが海外生産したものを逆輸入し、
治安維持隊だったかの制服を勝手に作ってツーリングしたら白バイにとめられたとか、
滝100選の前は祭りの花火、紅葉前線と追いかけた事があるらしく、相当ぐるぐる回っている模様。
本当は紅葉の滝を追いかけたいらしい。笑。

そんなこんなで、ちょうどビールもあいたのでお暇告げる。
俺が寝る隣に寝ればいいとか、車の前にテント張ってとか、
かなり寂しがってたけどそれははっきり断る。いやぁしかし寂しがりやか、可愛いなぁ。
また明日ね~って笑って挨拶したら、私は私のために安全な寝床を確保する。
ここからは真顔モード。


↑道の駅の人が朝何時に来るかわかったので、今日は軒下に入れさせてもらう。

面倒になってバイクも突っ込み、テントをはったら22時に就寝。

【記録】
走行距離:移動無し
歩数:11,425歩
【支出】計1,171円
ガソリン:給油無し
食費:1,171

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**