第27回 東京ミネラルショー2018 行ってきた

スポンサーリンク

フォロワーさん情報で初めて知った、ミネラルショーに行ってきました~(・∀・)

※ ミネラルショーとは
鉱物・化石隕石・宝石の日本最大級の大展示即売会。

よくある即売会形式の、鉱石・宝石・化石、とにかく石ばっかりのお祭りですな。
会場は池袋サンシャインシティビルで、4日間出入り自由な入場券が800円。

札幌ライダーの綿飴ニシパが車でブラブラ遊びに来てたので一緒に行くことに。
ちなみに二人とも石に関する知識はありません!
面白そうだから行ってみようぜ!なノリ。


↑日曜日の午前中。かわいいガイドブックですな。
出展者情報なのでほぼ開かなかったけど。

さすが日曜日で大盛況。
客層は本当にバラバラです。外人も結構多かったし。
ブース自体も外人だけのところも多く、値札もすべて英語だったり。

入った瞬間にニシパと打ち合わせ。
解散して好きに見ようか
だな。1時間後に一度連絡取ろう
お客さん多くて混雑してたし、ニシパと興味のベクトル違う気がしたので。笑
というわけで、会場到着早々に解散、一人でじっくり会場を見て回る。

石が好きな人間となると男性かな?とか思ったりしたけど、
半数くらいは女性もいたし、年配の方も10代くらいの若い子も、
親に連れられて子供たちも結構、意外にも、多かった。


↑化石が無造作に売られていたり。
手前のしゃがんでいる人は、机の下にもトレーがあって、そっちを見ているのです。


↑こっちは加工された天然石かな?ブレスレットの材料になりそうなやつ。


↑ここは大きめの柱状の物が多く並んでいる。

名前も種類もよくわからんけど、可愛い石を発見。
ミルクとコーヒーの二層みたいな綺麗な色で、
いいなと思って持ち上げてひっくり返したら6,800円。握り拳より小さくても。
うう、可愛い綺麗だけど無理無理ぃ…だってこの石買ってどうするの。飾るの?(´・ω・`)


↑アメジストのクラスターが並ぶブース。

ブレスレットやアクセサリー用のビーズ状天然石のブースには若い女性が多かったし、
ガチの宝石系ブースではスーツ紳士がマダム相手にショーウィンドウを案内中。
化石系の石がモリモリ並んでいる所では小学生くらいの子供が興味津津に見ていたり、
どこそこの教授ですみたいな名刺交換がされていたり。
鉱石をペンダントやキーホルダーに加工したアクセサリーショップもあったし、
原石が並ぶブースでは価格交渉のやり取りがされていたり、
チベット密教の法具が並べられているお店があったり、
子供連れが石の掴み取りをやっていたり、
ブースの中ではなにやら英語で盛り上がってたり、
とかくなんだか人を見ているだけでも面白かった。

原産地も国外、国内(糸魚川翡翠を結構見たし、鞍馬や出雲の石とかも)さまざま。
価格帯も1個100円の石から、1個数十万円の宝石や、
g単価表記でセルフで量れるようにスケールが置いてあったり、
こんな小さいのにン万するの!?みたいな、相場知らないから驚きの連続。
しかしすごいな、みんな石に群がってる(・∀・)


↑私は前から水晶が欲しかったので、まとめ買いで半額なセール品を購入。

前述のコーヒー色の宝石の他にも、
フローライトとか螺鈿細工のシャンプーボトルとかちょっと心惹かれた(*´ェ`*)

結局2時間ブラブラしてからニシパと合流。
ニシパは90万だかの化石を5万にまけてくれるという話をされたとか、
いろいろ迷った末に、手彫りされてる昔の矢じりを一つ買ったらしい。
見せてもらったけど、うん、やっぱりよくわかんないな(・∀・)

ジョナサンで飯を食べて、宮城のテナントショップでずんだ餅を購入し、
ビックカメラを徘徊して帰宅。


↑北海道クラシックのさらに限定、富良野VINTAGEをお土産に持ってきてくれた!

外で飲んで帰ってきたのに家でも飲んで、
紫苑の動画で盛り上がった。面白かった。がんばろう。

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**