TOTOショールームで浴室に悩む

2020:店舗併用住宅

朝、玄関出たあたりで営業さんに拾われ
TOTOのショールームへ連行される。

オープン同時に乗り込む

コロナ明け営業再開後の週末とあって、完全予約制だけど結構人はいる。
この間のタカラスタンダードが2組くらいしか見かけなかったのに、
今日はファミリー的な感じで4組くらいはいたかな?

でもなんとなく密を避ける感じで、
各ブースに1組みたいにうまくスタッフさんが誘導していました。

入ってすぐに担当アドバイザーさんに迎えられて名刺を頂く。
タカラスタンダードではもらってないな…(´・ω・`)

浴室サザナから行くよ!

建築事務所で設定されいてる標準プランはサザナのTタイプだそうで。
その標準仕様を説明しつつ、オプションとかを決めていくスタイルみたい。
タカラスタンダードと同じですね。

では早速モデルを見てみましょうと浴室コーナーへ。

まずはこちらの床に乗ってみて下さい
おお!柔らかい!

TOTOの売りでもある「お掃除ラクラクほっカラリ床」
タイルと違って柔らかいんですよね。
膝ついても痛くない。冬でも冷たくなりにくいみたい。

とりあえず床の排水口を開けて掃除のしやすさを確認しておく。
「掃除のしやすさ」に関心がある事をアピールする。

浴槽:ゆるリラ浴槽

いきなり結構迷う。

標準はゆるリラ浴槽という、浴槽内に段差がついてるタイプだった。

入ってみると、やっぱ普通に足元の段差が邪魔な感じあるんですよね。
長座するとかかとで足を支える感じになるので、
ちょっと膝の怪しい私としては不安(膝が過伸展になると怖い)
でも頭の位置を上図のようにずるりと落として、
ふくらはぎを乗せる感じにすればとてもフィット。

あと肩回りがなんかちょっと窮屈。腕を左右に下ろせない感じ。
まぁ左右に腕置き的なでっぱりはあるんだけども、
そこに置けば大変リラックスなんだけども、
足も腕も置く位置が決まってるという、この不自由な感じがなぁ…

ただ段差に座って風呂ふたを半分閉めて、
その上でゲームしたり読書するにはちょうベストポジションである事は間違いが無い。

段差がある分節水とはいうけど、
結局半身浴するには段差の上まで水溜めるんだから、実際どうなのかなと思った。

そこでウダウダ言っていたら薦められたのはクレイドル浴槽。

これは少しくびれた感じで基本は四角いお風呂。
ショールームの浴槽はサイズが小さいのしか置いてなかったようで、
微妙に足が伸ばせない。これではわからんわ。
左右に何も無いので広々感はある。

浴槽のフチはゆるリラの掴みやすいフチではなく、
わりとエプロンが出っ張ってつなぎ目がばっちり見える感じ。
これはゆるリラの方が奥まってたので綺麗だった。
そしてまた写真が無いというね…すまんね。

ここでもまだウダウダ言ってたら他の浴槽も紹介された。


↑ワイド浴槽

これは前面に段差があるタイプで、奥行きが広くなるので洗い場を少し圧迫する。
それはまあいいんだけど、実際に浴槽入ってみたらコレジャナイ感。

この前面の段差のせいで足を伸ばして入っても腰から下がなんか窮屈。
これは無いですわ~」ってすぐ出た。


↑スクエア浴槽

いわゆる普通の浴槽、かな?
モデルが無かったのでカタログ上でだけ紹介された。
んー、でもこれにするならクレイドルかな。

クレイドルで足が伸ばせるか確認できない以上、
とりあえずゆるリラにしてもらった。

あれ?風呂ふたフックはどうなります?
標準で3点です。頭側につきます
ゆるリラの頭側ってどっちです?
段差のない側です。シャワーの方に段差がつきますので、風呂ふたは入り口側です

壁面のバーやらカウンターやら鏡やら棚やら:全て無し

浴槽内のグリップやインテリアバーはいかがいたしますか?
掃除の邪魔なので要りません

次はカウンターです。標準のカウンターは掃除しやすい~(説明)
まぁ、使わないので要りません

鏡は
要りません

収納棚は標準で3段、パコっと外れて掃除しやすいです
おお~、確かにすぐ外せる…でも要りません

タオル掛けが標準で一本あります
引っ掛け収納なので使いますねぇ
S字フックとかでいろいろ吊るせて便利ですよね
でもこの標準のタオル掛け、ダサいから…とりあえず要りません

標準でシャワーを付けるスライドバーが付きますが
う~ん、憧れはありますが、メタルは掃除が面倒なので要りません

まあ浴室の壁はマグネットがつくので、棚とかタオル掛けは後付けできますしね~
ですね~

タオル掛けは定価500円でマイナス差額が大した事ないから戻すかもしれない。

水栓とシャワー:スッキリ棚水栓W300 コンフォートウェーブシャワー(ホワイト)


↑水栓の選択肢

本当は一番下のカバー水栓みたいな、
バーをべしっと叩けば水出るみたいな簡単なのがいいんですけど、
またこれ水垢がねぇ~…
タッチ水栓はオプションで追加かかるというので、
掃除しやすさを取ってスッキリ棚水栓にしました。

シャワーヘッドにボタンの無いやつがいいと思ってたけど
標準でボタン無かった。よかった。
だいたい壁につけたまま使うから要らないんだよね。

希望はとにかく水垢の目立たない色!
ってなると右側の白いやつなんですが、
どうも水流が少し違うみたいで、
標準だと左のメタル調で、こちらの方が広範囲にしっかり勢いよく当たるらしい。
ただこれだと壁につけるシャワーハンガーもメタル調になるし、
そもそも頭の形がなんかでかくて扱いにくそう。

右側の白いやつはコンパクトヘッドで、
これだとハンガーも白になるので掃除のしやすさで言ったらこちらの方が。
ちなみにこれはメタルよりお安いのでマイナス差額が出る。
とりあえず掃除のしやすさで選ぶ。

ところで今思い出したのですが、
カウンタ―無しのモデルを見ていた時に言われたな。

水栓の位置もそこで大丈夫そうですか?

帰ってからよくよくカタログ読んだら、
「カウンター無しの場合は水栓位置が変更になります」と書いてある。
むむ、これは…よく確認して来なかった。
確か低かったのかな?カウンターが無いからカラン用に下げてあった気がする。
座ったままで操作するには問題無かったけど、立った時は低かったかも。
次回要確認だな(付箋貼り貼り)

換気扇:浴室換気暖房乾燥機「三乾王」(標準)

建築会社の標準で三乾王がついてたので、追加料金なし。
24時間換気もできるらしいので、結構性能がいいやつかも(よく知らん)

洗面所の換気や暖房は必要ないですか?
無いです

ランドリーパイプ:1本追加(計2本)

三乾王にランドリーパイプが1本ついてくるので、
オプションでもう一本追加して2本に。
パイプを付けるブラケットの位置調整は、工事の時に現場で言って下さいとの事。
モデルの位置がわりと低い気がしたので、邪魔にならない位置まであげたい。
言うの忘れそう。

ドア:開き戸(透明強化ガラス)

ドアは標準で開き戸です。ご希望はありますか?
ガラス扉にしたいです(*’∀’)=3

ここまで、せっせとマイナス差額を出していたのはこの為です。
カタログの定価で+8万くらいかかりそうなのでね…。

照明:シーリング照明(電球色)

ダウンライトも格好良かったんですが、
追加費用かかるのと、切れた時に自分で交換できないらしいので、
ちゃんと外し方も教わって実際にやってみた感じでは、
メンテナンス性でシーリングのままにしました。
壁にくっついているような感じなのでそこまで気にならないかな。

最後にまとめて色を決めます

まずは浴槽の色ですが…
白ですね。汚れの目立たなさを考えたら
白がいいと思います。雨の中走った車を想像して頂ければ…
ああ、絶対白ですね
では浴槽エプロンも白で

続いて浴室壁面。標準はアクセントプランなので正面一枚のみ柄を選べる。

お伺いしたイメージだと、こちらのお色がお好きかなと

マルキーナグレー、ロブストグレー、クリアライトグレーとファルティウッドの4色出される。

マルキーナグレーとロブストグレーは濃すぎるので×
木目調のイメージでは無いのでファルティウッドも×
残ったクリアライトグレーで、まあいいかなと。
残りの3面はプリエホワイトに。

床はラグ調とタイル調があります
うーん、ラグ調の方が可愛いかな
色はホワイトですか?
んー、まあいいんじゃないですか

モデルを組み合わせてもらったけど、
意外とこれイメージ全然わかんないね!

色決めの時に全種類見せてくれたわけじゃないので、
カタログ見てたらグレーとかベージュもありかなぁとか思って来た。
ブラウンは無いかな。

カウンターは標準の白。
サッシ類も白で、全体的に白系で統一してもらいました。

浴室まとめ

キッチンよりは選ぶもの少なかったけど、
お風呂は私もそこそこ希望があったので時間かかりましたね。
最近湯船に入るようになって、
スーパー銭湯には行きにくいので自宅の入浴環境を良くしようと、
ちょっと願望が出ちゃったからねぇ。

しかしやっぱり色決めがいつも「んー、どっちでもええんやない」ってなる。

アドバイザーさんも、今回で全て決定というわけではないので、
また2回目3回目で確定すればいいですよ、みたいな事言ってくるんですよ。
だからまぁ、だいたいとりあえずで決めて、
またカタログに選んだものをチェックしてもらって、
今まとめ記事を書きながら、付箋を貼って次回相談しようと思っているのです。

長くなったので、トイレと洗面台については次の記事へ。

コメント