7/13【19日目】→オロロンライン→鏡沼海浜公園ライダーハウス

スポンサーリンク

朝は5時半起床。

道路結構うるさかったな。でも昨日の疲れのせいか爆睡だった。
それに久しぶりに寒くなかったね。
建物の影で風が当たらなかったからか寝袋かけるだけで平気だった。
三笠なんかは思いきり風の通る場所に設営しちゃったから、
寝袋入って頭を絞っても寒かったもん。
テントがメッシュインナーだから、あんまり風通し良いと寒いみたいだ。


↑ていうか…雨降ってるなぁ。午後から雨という昨日の予報は一体(;´Д`)
とはいえ、沈没する気はないので移動します。
元々天気が悪くなりそうなのは承知の上、今日は移動日だ。
ただやっぱり小さい飛ぶ虫が多いのでご飯作る気はしない。さっさと片付けましょう。

6時過ぎには片付け完了、準備体操をして出発。
雨はギリギリ止んだようだが、いつ降ってもおかしくはない。
サンダルにはきかえ、荷物は雨装備で準備は整えてある。


↑7時、セイコマでおにぎり3つ購入で30円割引という
しょうもないキャンペーンにつられる。やっぱり3つはちょっとヘビーだったわ。笑


↑海岸線を走ります。天気悪いなぁ。水たまりあるし…


↑ロードバイクが抜かしていった。この天気の中よく走るな。


↑7時半、風車が見えた!と思ったけど…霧だねぇ。


嫌な予感はしていたが、霧雨が降ってきた。ああもう上もレインウェア着ておこう。

追い抜かしていくライダーに結構手を振られるので振り返す。
オロロンラインは旅ライダー多い。


↑8時、苫前のオブジェ

道の駅・風Wとままえに立ち寄る。
温泉に宿泊施設も併設?だとしたら泊まりにくい道の駅だろう。
朝8時だというのに建物が開いている。
ちょうど雨も強くなってきたので、ソファに座って少し休憩。ウトウト。

気付いたら9時半。1時間半も寝てしまったようだ。
すごいぐっすり寝てたという事は、疲れてたということか。


↑このソファ、首の収まりがちょうど良かった。

雨足はまだ強い。結局10時まで様子を見て、
少し雨足が弱まったかな?てタイミングで再出発。

あとで得た情報だけど、この道の駅はライダーのテント泊多いみたいで、
温泉が閉まると外にテントがずらっと並ぶ日もあるとか。
閉店まで温泉で時間潰せるから良いっちゃ良いよね。


↑風車の間を通ったり。

水たまりが増えてきた。
昨日の疲れか、昨日ほどではないが今日も向かい風だし、なかなか思うように進まない。


↑道の先に上り坂見えてるんだよなぁ。黄色い看板左に上り坂が見えてる。
見えた瞬間(手前の坂を上りきった瞬間)うわぁってなる。

道の駅・ほっとはぼろは屋根無いし温泉の建物でかいし、
ちょっと張ろうとは思わないかな…
隣の海鳥センターの入り口でならいけるかもしれないけど。

やっぱりこのあたりはおびらしかないのかなぁ。
あそこ虫が多いのだけ問題なんだよ。トイレ綺麗だというのに。

町を出る前に水分とおにぎり補給。
地味に汗かいて水は飲んでるので、1L麦茶2本目です。
セイコマのベーコンおかかにハマっています。
マヨネーズだけど美味しい。


↑カラスが多いのでゴミ箱を外に置くセイコマは自衛している。


↑11時頃、羽幌のオブジェ


↑海側は雲が晴れてきているように見える。


↑真上も少し明るくなってきたかな?

さぁここからはチャリダーにとってはつらい道。
ゆるやかにアップダウンがエンドレスに続く。
ていうか、下っては上り、下っては上り。
しかも向かい風で下りで全然加速出来ない。
もう下らないで!そのまま向こうの坂の上に道路繋げて!!(ノД`)・°
気分的にはずっと上り坂だった。

でも本州にいた頃よりも脚力ついたかな?
北海道に入ってからは重いギアでのんびり漕ぐ事が多かったせいか、
坂でも重いギアのまま結構いけるようになった気がした。
まぁ全然進んでなかったけどね…

道の駅・ろまん街道しょさんべつ
ここは一昨年立ち寄って面白くなかった気がするからスルーします。


↑12時半、1時間も走ったら青空見えてきた。
午後から雨という予報は一体…

毎日、当然のように予報が外れる。
雨予報で曇りとかじゃない、雨予報で青空とかそういうレベルの外し方。
北海道は観測地が少ないからしょうがないみたいだ。


↑12時45分、牛発見!

ここたぶんバイクで走った時も同じように興奮して停めた気がする。笑

このあたりから終盤の平坦な道まで、手を振らずに素通りしていくライダーが多い気がした。
私がチャリ旅者にはわりと手を振る方だったので、そう感じたのかも。
思ってたより手を振られなかったなぁという印象でした。

ところで…
バテてきたな(´・ω・`)
今日はあれだけおにぎり食べているというのに、
お腹が空いたわけじゃないけど、足に力が入らなくなってきた。

次にコンビニ見つけたらコーラ買おう。
セイコマ見つけたらカツ丼食おう。
そんな事を妄想しながら頑張って足を動かす。

13時15分、道の駅・富士見到着。
山チャリ24さんが駐車場の階段を上った所にある建物でテント張って、
翌朝に「おはよう利尻山」ができると言ってたが…

階段を上るとレストランだった。
確かに軒下テント晴れるし、高台になってるから利尻まで障害物無いわ。


↑しかしながら、今は雲が出てて利尻は全く見えないけどね。

和風レストラン、という響きに惹かれて入ってみる。
カツの卵とじ膳で980円か…セイコマ探そうか迷う。
でも、そうだな、ゆっくり座って休憩した方がいい。
意を決してお店に入り、結局カツカレーを頼む笑


↑カツカレー(1,080)


↑お皿が平皿じゃなくて深さあって、カレー結構入ってた。
カツが揚げたてでサクサク、ジューシーで美味しい!!
福神漬けやらっきょうとお漬け物も久しぶりだ。美味しい。
うん、お店で食べて正解だった!(*´Д`*)

大変満足、たっぷり休憩して14時半に再出発。
時間もまだ早いし、お風呂に入りたいので、今日は道の駅・てしおまで頑張りましょう。


↑さすがにアップダウンは減ってきたが、まだありますよ!


↑牛!


↑風車と牛

お腹が満たされ天気も回復、牛を見てご機嫌になって走っていたら、
進行方向左手…!見えるあのシルエットはもしや!!( ゚∀゚)


↑利尻山!!


↑先端だけ少し見えてるぅ!!

テンションあがって、利尻山を眺めながらマイペースに走り、
15時半に鏡沼海浜公園(キャンプ場)へ。前回も道に迷ったけど、今回もちょっと迷った。
ライダーハウスは200円だそうなので、受付で支払いプレハブ小屋へ。


↑キャンプ場からも利尻が見えている。


↑これが女性用ライダーハウス。どう見てもただのプレハブ小屋。


↑中は畳の雑魚寝部屋。むあっとしたので喚起の為窓を開けておこう。

男性小屋に立てかけてある自転車、なんか見覚えがある気がするんだけど…
とりあえず風呂に入ろう!キャンプ場裏にある温泉へ歩いて向かう。


↑16時、てしお温泉夕映(600)

お風呂をあがって休憩室に。
誰かが飲んだのか、ビールの空き缶が机に放置されている…飲みたくなっちゃうなぁ…


↑無事に自販機を見つけてしまいました。割高(300)

テレビを観ながら記録作業を行い19時頃に戻る。
ちょうど夕日が沈むところだった。


↑19時半、低い雲が分厚くて綺麗な夕日とは言えないけど、目の前にすると感動。

さっき男性小屋に立てかけてあった自転車が見あたらない…出発したのか?
まぁいいか。
ちょっと小腹が空いたのでセイコマに歩いて向かうと、例の自転車。
そしてやっぱり!ニセコと余市で一緒だったYuta君だ!(*´∀`*)


↑まさかの、ここにきてカツ丼(540)

Yuta君、もうとっくに稚内通り過ぎていると思ったのに、何をしてたんだろう?
って聞いたら天気回復待ちで今日は停滞だって。
青空のオトンルイ風車を撮りたいそうだ。
札幌で友人と会ったりで予定よりものんびり回る事になっているようだ。

利尻と礼文も気になるなぁと言ってて、
この子は絶対のんびり回った方が向いてる気がするなぁ…と思う。
明日は相当写真を撮る気みたいで、
稚内まで60kmくらいしか無いのに朝6時頃に出発すると言っていた。
キャリアが壊れたのに自力で修理してて、爽やか系で細いのに工作類も得意のようだ。
自転車の気になる所を聞くと、考えられる原因と、
メンテナンスはこうしたらいいと思いますって話をしてくれて、
あーもう本当自転車に関して先生と慕いたいくらいです。
ていうか本当よい子だよねぇ。ヒゲ生えても爽やかだし。笑

シュークリームでも食べる?って二人で食べて、星を見上げながら帰ってきました。

【支出】計3,734円
食費:2,934
入浴:600
宿泊(ライハ):200

【走行】91.47km
Av:17.9
Mx:43.5

スポンサーリンク

**応援クリック**

  •      

**更新通知 配信中**